授業

次年度の公開授業

■2020年度前期 総合教養科目・比較文化

「ユニバーサルデザインを考える」

2020年、障がい者スポーツの世界最大の大会であるパラリンピックの東京での開催が目前に迫っています。この千載一遇の機会に、障がいの有無をはじめとした、言語や年齢、性別、体格差など、社会の中に存在するさまざまな差異・多様性・異質性について、比較の観点から考えていきたいと思います。キーワードは、バリアフリー(障壁を取り除くこと)とユニバーサルデザイン(どんな人にとっても使いやすいよう、ものごとを設計すること)です。

日程 2020年4月10日~7月10日
16:35~18:05(毎週金曜5時限・全14回)
会場 東京女子大学(杉並区善福寺2-6-1)
対象 18歳以上の男女で、前期を通して授業に出席できる方。
*授業単位は認定されません。
定員30名
受講料 1万円(テキスト代等は含みません。)
申込方法

下記の申込書にご記入の上3月4日(火)必着でご郵送ください。

※詳細はこちら[要項・申込書(PDFファイル)]

送付先
〒167-8585 杉並区善福寺2-6-1
東京女子大学比較文化研究所「公開授業」係
Tel:03-5382-6413

結果通知 3月12日(木)までに葉書で結果を通知いたします。
なお、申込多数の場合は、抽選のうえ受講者を決定いたしますので、あらかじめご了承ください。

内容(仮題)

イントロダクション
赤堀三郎(コーディネーター) 小田浩一 高橋修
ユニバーサルデザインと社会
赤堀三郎(4回)
ユニバーサルデザインと心理
小田浩一(4回)
文化施設とユニバーサルデザイン
高橋修(4回)
まとめ
赤堀三郎 小田浩一 高橋修


ページ
TOP