TOP > 専攻オフィス利用方法

専攻オフィス利用方法

開室日時:月曜日〜金曜日 朝9時〜夕方6時

 4月の新学期専攻ガイダンスにはじまり、履修相談、ゼミ分け、印刷機のトラブル解決、機材貸出し、卒論題目の変更相談など、教育と研究にかかわるよろず相談、よろず困り事の受付窓口として、ワンストップサービスをこころがけています。ほぼ二人体制で開室していますので「困ってるんだけど、どこにどう相談したらよいかわからない」という時にはどうぞお立ち寄りください。メールでの質問にもお返事します。

学生へのメッセージ

専攻オフィスの竹下です。4年間はあっという間です。時間と友達を大切にして下さい。一生の友人に出会えるときだと思います。卒論や就活、恋愛や親との関係などピンチ!な時に傍にいてもらいたい人を見つけて下さい。みなさんの有意義な学生生活をできる限り応援しますので困ったときには相談にきてください。

会議・資料室について

専攻オフィスの隣には「会議・資料室」があります。ここにはコピー機、カラー印刷機、PC(MacとWindows)、プリンタ、スキャナ、過去の優良卒業論文、卒論の書き方マニュアル、統計処理/SPSSに関する参考書各種などがおいてあり、学生が必要に応じて利用できます。ただし、水曜日の午後は会議で使えないことが多いのでご注意ください。ルールをまもって、節度をもって使用しましょう。

<会議・資料室の使用ルール>

  • 会議・資料室は、先生が会議や授業準備に使う部屋です。室内では静かにお願いします。
  • 飲食・携帯電話の使用は禁止です。
  • 資料や図書などの持ち出しは禁止です。資料の閲覧を希望する場合、必ず隣のコミュニケーション専攻オフィス(8407号室)に申し出てください。
  • 卒論の閲覧は会議・資料室でお願いします。卒論のコピーは学生証と引き換えで、学外への持ち出しは厳禁です。貸し出し用には、専攻オフィスに年度別CDがありますのでご利用ください。
  • 会議・資料室のコピー機は、授業に関するものや先生の指示のあったものしか使えません。卒論のコピーなど個人用のものは、別のところでお願いします。

 

<印刷機使用について>

印刷機を使用する際は、必ず専攻オフィスに所属ゼミと名前、使用目的を申し出てください。また、学生はRISOを使用してください。RICOHは教職員専用です。

機材の貸出しについて

専攻オフィスでは、授業や卒論で使用する機材の貸出しを行なっています。専攻オフィスにて入力フォームで登録の上、利用申請して下さい。

貸出し機材一覧

  • 卒論CD
  • ビデオカメラ
  • 三脚
  • ノートPC(代替機は推奨PC購入者のみ)
  • ICレコーダー
  • CDドライブ
  • 社会調査法実習報告書
  • タブレット、ペン
  • 一眼レフ(デジカメ)
  • 延長コード
  • プロジェクター(合宿への持ち出し可)
  • 印刷の予約(質問紙など、100枚以上の場合)
  • その他

調査資料室について

9416教室(調査資料室)は、コミュニケーション専攻が他専攻と共有して使用している部屋です。卒論実験やゼミ、授業の準備などに利用できます。予約制ですので、専攻オフィスにて申請用紙に記入するか、同内容を専攻オフィスにメールして利用申請して下さい。

調査資料室利用申請用紙

機材貸出し申請用紙
Copyright(C) Dept. Communication of TWCU, All rights Reserved.